空きスペースこのサイトのトップ。このサイトについて、はじめにお読みください。予想される疑問質問に先制攻撃。素材が置いてあります。リンクいろいろ。空きスペース


【顔グラ合成18のご案内(制作中)】

現在ブログにて制作中のウディタ付属グラフィック合成器対応・顔グラ合成18(仮)のお知らせです。
一通りの完成は2019年中を予定しております。
(公開用のサイトを新しく作る予定です)

特徴

  • ウディタ付属キャラチップ対応、絵柄はコミカルな少年マンガ風。
    少年少女ベースで作れます

    対応チップごとの基本デザインが用意されてますので、
    キャラクターデザインが苦手でもめんどくさい時でも使いやすいかと思います。
    合成見本。
    もちろんいろいろなパーツを組み合わせた独自デザインも(ある程度)対応可能です。
    合成見本。
  • 画像サイズは192*192
    ウディタ基本システムで使いやすいサイズです。
    顔グラ使用例。
    ※そのまま基本システムのメッセージウィンドウに使ってみた例です。
    ステータス画面・戦闘画面で見やすく表示するには画像の加工が必要になります。
  • 合成のわりにいろいろな性格や表情のキャラクターを表現できます
    priest2。
    シリアスからギャグまで対応可能です。
    (今後表現の幅が広がる予定です。)
  • 頑張れば簡易アニメーションも作れます
    ちょっとやり過ぎアニメ。
    目をパチパチさせたり、口をパクパクさせたりなど、全デザインで可能です。

弱点

『ウディタ付属のキャラチップデザインを元に、いろいろな性格や表情のキャラクターを表現』することを優先しています。
『すでに明確なデザインがあるキャラクターの、忠実な再現』には向いていません。

  • 輪郭はほぼ固定、髪型の自由度は低いです。
  • 自由にパーツを組み合わせた場合、髪の色と眉の色を合わせるのが難しいです。
    また、どうしても相性の悪いパーツがあります。
    (組み合わせてみて、合ったらラッキーくらいな感じです)
  • パーツ数が多すぎて選びにくいです。

最新版と制作記はブログに置いてあります。ぜひ遊んでみてくださいね。

過去のバナー置き場です。合成で作れる顔の参考にどうぞ。



このページのトップへ戻ります。サイトトップへ